MENU

VIO 脱毛は生理の時でもできるのか

脱毛をすれば、生理の時の不快感や匂いが気にならなくなってとても快適になります。
脱毛後肌がすべすべになるのでいいです。

 

生理の時の不快感や匂いも、気にならなくなってとても快適に過ごすことができるようになります。
しかし、VIO脱毛をするときに生理がきていますと脱毛をすることはできません。

 

VIO脱毛をするときに、生理がきていると痛みが普通よりもすごく大きくなったりホルモンバランスが不安定なので脱毛効果が薄かったり経血のためIライン脱毛ができないなどの理由で脱毛をすることができません。

 

医療レーザー脱毛を扱うクリニックではなくて、フラッシュ脱毛をするエステティックサロンや脱毛細胞でも同じことです。
生理日とVIO脱毛の予約日が近いときには、無理をしないで予約の変更やキャンセルの連絡をして安全な日に変更をするようにしてください。

 

当日になってしまって、脱毛をすることができないことがわかってしまった場合には一回分の回数が消費をされてしまいます。 
そういった事にならないためにも、次にくる生理日や生理周期を確認をしたうえでVIO脱毛の予約をとるようにしてください。

 

VIO脱毛で、生理だとしてもレーザー脱毛であればできるところもあります。
タンポンをして本人が体調がすぐれないとかでない限りできるところもあって、施術ごとにきちんと消毒をしているので機器が汚くなったりしません。
生理でもVIO脱毛ができるのは、渋谷美容外科クリニックはです。

 

デリケートゾーンの美容脱毛を光脱毛で行ってみました

生理のときの不快感を持つ女性は多いものです。
また、お洒落を楽しみたいと考える女性は多いものです。
この2つを解消してくれるのがデリケートゾーンの美容脱毛です。

 

毛がある事で、生理時の不快感は増すと言えますし、毛があることで匂いも気になってしまいます。
可愛い下着を着けた時に、毛が下着からはみ出るのはご法度。
見た目にも可愛くありませんし、下着が台無しになることもあります。

 

デリケートゾーンの脱毛は、主にVIO脱毛やハイジニーナ脱毛などと呼ばれているもので、アンダーヘアーの処理を意味しているのです。
VIOというのは、ビキニライン(V)、陰毛(I)、お尻(O)の頭文字をとってつけたもので、お洒落な呼び名でVIOと言うことになるのです。

 

クリニックなどでは、医療レーザーを使っての脱毛が可能ですが、アンダーヘアーの脱毛ということもあり、痛みが気になったので、脱毛サロンで行うことにしました。
脱毛サロンでは、医療レーザーを使う事が出来ませんので、代わりの方法で美容脱毛ができます。

 

光脱毛という方法で行ったのですが、これはレーザーで処理するように、光を脱毛したい場所に照射させると、光が皮膚の奥にある毛根を破壊してくれて、脱毛の効果が得られるというものです。

 

光脱毛は、フラッシュ脱毛とも呼ばれているもので、カメラのフラッシュのように瞬間的に強い光をあてることで脱毛ができるのです。

 

VIO 脱毛は生理の時でもできるのか

関連ページ

VIOは医療脱毛で行うと効果的?
いざVIO脱毛をしようと思った時に、光脱毛と医療脱毛どちらで脱毛しようか迷ってしまうこともあるかと思いますが、ここでは医療脱毛で行うVIO脱毛のメリット・デメリットを細かく見ていきます。
Vラインの永久脱毛、メリットやデメリットってあるの?
水着になったり下着姿になるときに気になるのがVラインのムダ毛ですよね。Vラインを永久脱毛するメリットやデメリットはどんなものでしょうか、まとめてみました。